「食糧人類」2巻収録9話ネタバレ!【玉座の間と、ナツネの怒り!】

 

「食糧人類」2巻収録9話ネタバレ!【玉座の間と、ナツネの怒り!】
食糧人類2巻

こんにちは!

漫画大好き♪

2児の母のゆめこです!

人間を食う、巨大生物が支配する施設。

その天井裏に潜んでいた、もう一人の人間・小倉。

彼が見た、施設の実態とは?

食糧人類 2巻

小倉の口から語られる事実に、ナツネの怒りが爆発します!

この記事では、2巻に収録されている第9話の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね^^

私はここで読みました
→Handyコミック
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます^^

 

[ハンディ一般]食糧人類-Starving Anonymous-[講談社]

 

「食糧人類」2巻収録9話ネタバレ!【玉座の間と、ナツネの怒り!】

食糧人類2巻

一人、天井裏に潜む小倉。

彼が見た施設の実態は、伊江たちの想像を超えるものでした。

飼育小屋に、生殖種。

かつて伊江たちが見てきたものを、衝撃と共に見ることになる小倉。

しかし、彼を最も驚かせたのは、

「玉座の間」の存在でした。

だたっ広いその部屋には、「玉座」が置かれています。

そこに入ってきたのは、なんと、

日本政府の要人たち。

彼らはなんと、玉座に佇む巨大生物にひざまずきます。

「おおそれっ」

「ながらぁ」

「申しっ」

「上げます」

土下座しながら、虫に語りかける内閣総理大臣。

その姿に、戦慄する小倉。

しかし虫は、彼らを食うことなく、

一度は話を聞くように見えたのですが・・・

私はここで読みました
→Handyコミック
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます^^

 

[ハンディ一般]食糧人類-Starving Anonymous-[講談社]

 

「食糧人類」2巻収録・9話読んでみた感想

食糧人類2巻

廃棄物処理場として作られた、この施設。

名は「ゆりかご」と言いました。

そこで小倉がみた、衝撃の事実!

それは日本政府の要人たちが、虫にひざまずくという、屈辱的なものでした。

そこで起きる惨劇に、怒り狂うナツネ。

彼は自分を玉座の間に案内するよう、小倉に迫ります。

しかし無力な人間が、虫にできることはあるのか?

そして、ナツネの激しい怒りがもたらすものとは?

食糧人類2巻では、この9話から、大きく話が動き出します。

続きはぜひ、本編で確かめてみてくださいね!

私はここで読みました
→Handyコミック
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。