カゲキな漫画のネタバレ紹介しています

エログロ漫画ネタバレblog

食糧人類 食糧人類4巻

「食糧人類」ネタバレ!4巻24話【バケモノは神】

投稿日:

「食糧人類」ネタバレ!4巻24話【バケモノは神】
食糧人類4巻

 

こんにちは^^

 

「夕凪の会」代表の桐生に捕まり、拘束された伊江たち。

 

桐生は彼らを、「改造人間」にすることを告げます!

 

食糧人類-Starving Anonymous-

 

 

伊江たちを追ってきた、グロテスクな改造人間たち。

 

桐生は彼らに、悪趣味な肉体改造手術を施していました。

 

人間を動物をつなぎ合わせ、異形の化け物にする彼の技術。

 

果たして伊江たちは、この悪夢から逃れることはできるのでしょうか?

 

ネタバレ読む前に↓
→無料試し読みはこちらから
「しょくりょう」または「食糧」で検索してみてください^^

 

「食糧人類」4巻24話あらすじ

 

必死の抵抗むなしく、夕凪の会に捕獲されてしまった伊江たち。拘束された彼らは、会の代表・桐生により、肉体改造手術を施されることになります!

 

「食糧人類」を無料で試し読み♪

 

圧倒的グロさと、緻密な設定で人気の作品「食糧人類」

 

この漫画、スマホで無料立ち読みできるんです!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここはあらゆるジャンルの漫画が揃っているし、グロ系漫画もかなり力を入れています。

 

独占先行配信される作品も多く、いろいろな漫画をどこよりも早く楽しむことができますよ^^

 

試し読みは会員登録不要ですし、お金もかからないので、一度使ってみてくださいね^^

 

→無料試し読みはこちらから
「しょくりょう」または「食糧」で検索してみてください^^

 

「食糧人類」4巻24話ネタバレ!

食糧人類4巻

 

嬉々として改造手術をしようとする桐生。そんな彼を、伊江は必死に説得しようとします。

 

殺してない!

 

 

伊江たちを拘束し、肉体改造手術を施すと宣言した桐生。

 

「手術は私、桐生が責任を持って執刀します」

 

「そして肉体改造後は、当・夕凪の会の会員となっていただき、施設内の治安維持に努めて頂きます」

 

笑顔で語る桐生に、伊江は必死に抵抗します。

 

「わかんない!わかんないですよ!」

 

「何で俺たちが改造されなくちゃいけないんですか!」

 

声を張り上げ、伊江は桐生に訴えます。

 

「”あの方を殺した”って言いますけど、俺たちは誰も殺してませんよ!」

 

しかし伊江の言葉に、桐生は激昂。

 

「殺したでしょ?殺しましたよっ!」

 

「ホラ、コレぇ!殺してるじゃありませんか!!」

 

モニターに映し出されたのは、ナツネが殺した巨大生物の映像。

 

「この男は貴方たちの仲間でしょ!?」

 

あの巨大生物を「あの方」と呼ぶ桐生に、伊江たちは唖然とします。

 

あの方は「神」

 

 

「あの方、って人間じゃなく・・・」

 

「あのヘンな生き物の・・・ことですか?」

 

伊江の言葉に驚いた表情を浮かべ、笑い出す桐生。

 

「そうか・・・知らんのか・・・」

 

そして桐生は天を仰ぎ、

 

「あれは・・・神だ」

 

と、伊江たちに告げます。

 

さらに桐生は、驚く伊江たちに、彼らは「他の星より、宇宙船に乗ってこの星に来られた」のだと語ります。

 

縫合

 

 

人間をはるかに超える科学力を携え、地球にやってきた「あの方」たち。

 

気象さえも操作するその力に、絶対服従する人間たち。

 

彼らの欲望を満たすため、政府が作ったのがこの「ゆりかご」だったのです。

 

しかし、桐生の言葉に、怒りを見せる伊江。

 

彼は桐生に「それでいいんですか!?」と声を荒げます。

 

「人類にだって武器もあれば兵器だってあるでしょ!」

 

「なぜ一致団結して戦おうとしないんですか!」

 

しかし桐生は、叫ぶ伊江を尻目に、突然指をパチン、と鳴らします。

 

そして「そうだそうだ」と部屋の中をウロウロし、パソコンの前に座り込みます。

 

画面に映し出されたのは、腕が6本ある仏像。

 

唖然とする伊江たちに、桐生は、

 

「うん」

 

「ちょうど3人いますからね、きっとできますよ」

 

と、不気味な笑顔を浮かべるのです!

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!
→無料試し読みはこちらから
「しょくりょう」または「食糧」で検索してみてください^^

 

 

「食糧人類」4巻24話感想とその後の展開は?

食糧人類4巻

 

桐生の口から語られた、巨大生物たちの秘密。必死に抗う伊江でしたが、桐生に彼の言葉は届きません。さらに桐生は、伊江たち3人を縫合することをひらめいて・・・?

 

桐生の口から語られた、衝撃の真実!

 

あの巨大生物たちは、地球外生命体だったんですね・・・!

 

人類をはるかに超える科学力を持ち、気象さえも操る彼らに、なすすべもない人間たち。

 

政府は彼らの欲望を満たすため、「ゆりかご」を作ったわけです。

 

その事実を知り、人間としての誇りはないのか!と怒る伊江。

 

しかし桐生に、その言葉は届きません。

 

大好きな「肉体改造」のことで頭がいっぱいの桐生は、伊江の言葉に耳を貸すことはなく、とんでもなくグロテスクな計画を立て始めます。

 

3人をバラバラにして縫合し、腕が6本ある人間を作る。

 

果たして伊江たちは、マッドサイエンティスト・桐生の手から逃れることはできるのでしょうか!?

 

少しずつ、施設の全貌や、世界観が明らかになってきました。

 

これからますます目が離せなくなりそうですが、ストーリーが盛り上がりを見せる前に、主人公が殺されてしまうのか!?

 

先が読めないスリリングな展開です・・・!

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!
→無料試し読みはこちらから
「しょくりょう」または「食糧」で検索してみてください^^

-食糧人類, 食糧人類4巻
-, ,

Copyright© エログロ漫画ネタバレblog , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.