デス・スウィーパー

デス・スウィーパー2巻ネタバレ!【ゴミ部屋と5年前のカレー】

更新日:

デス・スウィーパー2巻ネタバレ!【ゴミ部屋と5年前のカレー】
デス・スゥイーパー2巻

 

こんにちは^^

 

兄の自殺をリアルなものとして捉えるため、「死体があった部屋」の清掃会社でバイトを始めた裕行。

 

しかしそこで見た惨状は、彼の想像を超えていました。

 

きたがわ翔「デス・スウィーパー」

 

本格的に「掃除屋」のバイトに採用された裕行。

 

謎の美青年・玲児とともに現場に繰り出す彼を待っていたのは、5年間掃除していないゴミ屋敷!

 

さらに動物虐待の現場にも鉢合わせ、裕行は否応無く「生と死」に向き合っていきます。

 



ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!
→無料試し読みはこちらから
サイト内から「作品タイトル」で検索してみてください^^

「デススウィーパー」で検索してみてください^^

 

デス・スウィーパー2巻あらすじ

 

掃除屋「デス・スウィーパー」に本格的に採用され、実践を積む裕行。しかし彼は、このバイトのことを母親に言えないままでいました。そんな中、若い女性からゴミ屋敷の清掃の依頼が入ります。

 

 

好きな漫画を無料で試し読み♪



  今巷で大人気の電子コミックサイト。


  いつでもどこでも読めて、かさばらないので便利です!


  私のオススメは「BookLiveコミック」


  ここはグロ系漫画も豊富ですし、他ジャンルもたくさん揃っています♪


  料金もひと月300円(税抜き)からと、意外とリーズナブル。


  とはいえ、いきなりお金を払うのは大変です。


  だけど試し読みは会員登録不要ですし、お金もかからないので、一度使ってみてくださいね^^


  ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!
→無料試し読みはこちらから
サイト内から「作品タイトル」で検索してみてください^^

 

デス・スウィーパー2巻ネタバレ!【ゴミ屋敷と5年前のカレー】

デス・スゥイーパー2巻

 

恋人と別れてから、部屋をできなくなったと言う女性。そこは予想通りの惨状でした。さらに部屋の押入れから、慣れ親しんだ「あの臭い」が漂ってきて・・・?

 

ゴミ屋敷

 

本格的に「掃除屋」デス・スゥイーパーでバイトとして採用された裕行。

 

一人前の掃除屋になるため、彼は実践を積んで行きます。

 

アパートの愛人を住まわせていた男からの依頼。

 

そこで裕行は、初めて玲児以外の社員とコンビを組みます。

 

ベルサーチのスーツに身を包み、死体があった部屋に向かう色男・上野。

 

彼の手際に感心しつつ、仕事を終えた裕行。

 

そして次に舞い込んだ依頼は、若い女性から「部屋の掃除をしてほしい」というものでした。

 

一人暮らしの妹の部屋を、片付けてほしいという彼女。

 

しかし仕事を受けるには、居住者である妹本人の許可が必要です。

 

しかしそう告げると、「大丈夫です!」とムキになる女性。

 

それを見て、ピンときた社員たち。

 

女性が帰ったあと、首をかしげる裕行に、玲児はその理由を告げます。

 

「ゴミ部屋掃除で、兄弟だとか友達だとか言いつつ第3者が依頼に来るパターンは、大抵本人の部屋なのさ」

 

驚く裕行でしたが、その予感は的中。

 

彼女は恋人と別れてから、部屋を掃除する気力がなくなっていたのです。

 

押入れの死臭

 

仕事当日。

 

女性の部屋は、予想通りのゴミ屋敷でした。

 

部屋中に敷き詰められたゴミの山の中に、細く通った獣道。

 

さらに部屋の中には、裕行たちが嗅ぎ慣れた「死臭」がただよっていました。

 

焦る裕行に、冷静に告げる玲児。

 

「なにしろこのゴミの山だ、はっきりとは断定できねえ」

 

「だがこの部屋のどこかに必ず」

 

死体が放置されている!

 

震え上がる裕行ですが、仕事は仕事。

 

彼らは早速、大量のゴミを処分し始めます。

 

すると玲児が、部屋の死臭が押入れから漂っていることに気づきます。

 

「あそこに何かあるんだな・・・?」

 

玲児の視線に気づき、押入れに近づく山本。

 

思い切って、彼が押入れの扉を開けた時。

 

そこには一匹の、猫の死骸がありました。

 

5年前のカレー

 

猫の名前は、ハナちゃんと言いました。

 

部屋の住人である女性が、かつての恋人の実家からもらってきたという猫。

 

しかし4日前、ハナちゃんが死んでしまいます。

 

彼との最後のつながりが断ち切られ、悲しみに沈む女性。

 

しかし同時に、ようやく解放されるという安堵感も感じていました。

 

そしてそれをきっかけに、彼女は「デス・スウィーパー」に部屋の掃除を依頼したのです。

 

その後の清掃は、凄惨を極めます。

 

「物を捨てられない」女性は部屋の外に待機してもらい、山本が部屋にあるものを携帯で写真に取り、女性に送信。

 

「それは大切な・・・」という女性に対し、山本は、

 

「本当に大切ですか?いいですか、よく考えてください千代田さん」

 

「いらないものは今捨てておかないと、後できっと後悔しますよ、いいですか!?」

 

と、ものすごい剣幕で言い聞かせます。

 

(すごい・・・)

 

山本の手際に見とれつつ、仕事を進める裕行。

 

と、ゴミの山の中に錆びた鍋を見つけます。

 

「ん・・・?持つとけっこー重い」

 

すると、鍋に手をかけた裕行に、山本が声をかけます。

 

「彼女の話によると、それは彼と別れた日にこしらえたカレーらしい」

 

確か彼女が恋人と別れたのは、5年前。

 

ということは。

 

「5年前のカレー!?」

 

蓋を開けようかどうしようか悩む裕行に「開けずに捨てろ!」と命じる山本。

 

そして「デス・スウィーパー」は、彼女の部屋を手際よく片付けていくのです。

 

 

 

デス・スウィーパー2巻感想とその後の展開は?

デス・スゥイーパー2巻

 

ゴミ屋敷の清掃に、遺品供養。デス・スウィーパーの仕事を通し、裕行は生と死を見つめていきます。やがて彼は玲児とともに、動物虐待の現場を目撃してしまうのですが・・・?

 

いよいよ本格的に「デス・スウィーパー」としてバイトを始めた裕行。

 

彼は社員たちとともに、様々な現場に赴きます。

 

5年間掃除していないゴミ屋敷。

 

自殺した愛人。

 

3ヶ月に一度の遺品整理。

 

そして錯乱した女が、動物虐待をしていた現場。

 

その中で明らかになる、玲児のウイークポイント。

 

人間の腐乱死体には平気な彼は、「猫の死体」だけはダメだったんです。

 

そこには玲児の壮絶な過去が関わっているようなのですが・・・?

 

「デス・スウィーパー」2巻は、玲児以外の社員たちのエピソードも盛り沢山です。

 

そして最後に、玲児に最大のピンチが!?

 

文句なしの展開で、ページをめくる手が止まりません。

 

もちろんグロテスクなシーンも満載ですので、引き続き、苦手な方はご注意くださいね・・・。

「デススウィーパー」で検索してみてください^^



ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!
→無料試し読みはこちらから
サイト内から「作品タイトル」で検索してみてください^^

 

ゆめこが電子コミックをオススメする理由!

当ブログ管理人「ゆめこ」が今一番利用している電子書籍サイト、

 

それはズバリ「BookLiveコミック」です!

 

ここはエログロ系も豊富で、いろんな漫画が立ち読みできてすごく便利♪

 

私も毎日、いろんな漫画を試し読みさせてもらってます^^

 

人気作からマイナー作品、そしてここだけの独占配信作品など、種類もとっても豊富。

 

飽きずに楽しむことができます^^

 

試し読みはとっても簡単♪

 

1・「BookLiveコミック」をクリック!

 

2・画面上部の検索窓に、読みたい漫画のタイトルを入力!

 

3・「無料試し読み」ボタンを押すと、無料で試し読みができます^^

 

いきなり有料というのもハードルが高いので、まずは無料の試し読みから♪

 

家事や育児の合間、休憩時間など、息抜きにぴったりですよ♪

 

楽しいので、ぜひ使ってみてくださいね^^

 

-デス・スウィーパー
-

Copyright© エログロ漫画ネタバレブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.